スポンサードリンク

高見盛はアスペルガーや障害と噂のあの野郎などの逸話!

高見盛こと振分親方親方がその真面目で緊張する性格アスペルガーと噂されているので調べてみました。第一弾です!

スポンサードリンク

 

振分親方としてCMにも出ていますがやはり高見盛との方が有名だと思います、現役時代はとてつもなく強い朝青龍とは違い、土俵入りしてからの緊張を解き気合を入れるパフォーマンスが『ロボコップ』の愛称で親しまれ相撲界の人気を上げましたがそれ以外でも色々と逸話が有ったので紹介します。

 

 

老人ホームに訪れえた時に71歳の女性に思い続けてもいいですか?と聞かれコクンとうなずきました。

当時は彼女が出来たことない振分親方に起きたこととして見ている方をほっこりさせてもらいました 笑

 

ある日の取り組みで張り手がビンタのように何度も入り『あの野郎』つぶやいてしまったのがマイクが拾い放送されてしまった。

 

 

相撲では勝ってもガッツポーズをすると注意されるぐらい、勝っても紳士に受け入れることが求められますが、振分親方は当時かなりの負けず嫌いで勝つととても嬉しそうにしていて、逆に負けると明らかに落ち込んでいるようでした、そんな中、心の声が漏れてしまったことで優しそうな振分親方の激しい部分が見えました。

 

 

行司から懸賞金を渡されるときに叩き落としてしまう

 

取り組みで勝利すると懸賞金を受け取るのですが、その前に心と言う字を切るのですが近眼でかなり視力の悪い振分親方はその心を切る時に行司の持っている懸賞金に当たり落としてしまう、アマチュアでは有るでしょうがプロとしては初めてではないでしょうか?

 

曙に手が当たってしまい血が出るまで自分の手を地面にたたきつけた。

 

曙と歩いている時に元貴闘力が冗談で振分親方の手を曙にぶつけると責任を感じた振分親方は『この手が、この手が・・』と地面に叩きつけていてそれを見た元貴闘力はこいつに冗談は通じないなと感じたようです。

 

取り組みの時に土俵を壊してしまいしょんぼり。

振分親方が取り組みで相手を派手に転ばせて勝利をした時が高見盛の記念すべき400回目の勝利会場が沸く中、本人は『あそこまで土俵が壊れたことに一枚かんだとは・・・』と意気消沈。

 

 

朝青龍と旭鷲山が風呂場で大喧嘩!

 

当時絶大的な強さを誇った横綱朝青龍を、振分親方が破り2003年で間違いなく一番会場を沸かせ座布団投げの嵐を巻き起こしたが・・・実はそれがこの喧嘩に間接的に関与していて・・・と言っても負けた朝青龍がイライラしていただけですが・・・・真面目な振分親方は自分の責任も有ると意気消沈。

 

被災地に対して自腹で150万出して270着の子供用甚平を送る

スポンサードリンク

こうゆう活動で人格者としての尊敬も人気に繋がったのではないのでしょうか。

 

深夜になると大音量の音楽で踊りだす。

結構ハッチャけるんですね、テレビなどでは緊張していて陽気なイメージはあまり無かったですが仲良くなった人はノリノリの振分親方が見れるかもしれませんね。

 

3人で高いすし屋に行ったときにお金を置いて先に帰ったが・・・。

振分け親方は店の張り紙一人前5000円と書かれているを見て5000円だけ置いて帰ってしまったようでお勘定は5万近かったようです。

 

食べ放題か!ってツッコミたくなりますが、振分親方の天然なエピソードですね 笑

 

逸話が色々と出てきますが昔からかなりの緊張して真面目な性格がわかる逸話ばかりでしたね、特に相撲界はトーク力や愛想はそんなに求められる業界ではないので、バライティ番組などに出るとかなり緊張してしまうのでしょうね、それだけでアスペルガーなどと噂が流れるのは悲しい風習ですが、見ている人ってテレビで話すのと普段話すのが同じことぐらいの感覚で見ているのでしょうか?

 

 

カメラがあってその向こう側には何億人の人が見ているテレビに出るってかなり緊張すると思います、話すのが好きで面白くてテレビに出たのではなく自分の緊張をほぐすためのパフォーマンスが話題になった振分親方がテレビに出ていると言うことを理解して欲しいと思います。

 

相撲部屋に入った時もはじめの方は特に親方とも口を聞か無かったが練習には真面目で良い相撲を取っていたと話していたので人見知りもかなりのものだったのでしょうね。

 

 

続き⇒第二段!高見盛こと振分親方が高校時代有名だった栩内香澄美に怒っている?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す