スポンサードリンク

角盈男(三男)の病気,前立腺ガン完治の重粒子線治療まとめ,再婚しスナック?

sumi sannnann 角盈男(三男)の病気,前立腺ガン完治の重粒子線治療まとめ,再婚しスナック?

元プロ野球選手で読売巨人軍で抑えのエースとして活躍していた角盈男さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

角三男さんといったほうが聞きなれた人も多いと思いますが、角さんは本名の三男が嫌で現在は角盈男と漢字を変えて芸能活動やプロ野球の解説者として活躍しています。

 

 

プロ野球選手時代は制球力の無さがよく作用し荒れだま効果で新人王を獲得します、しかし2年目で結果が出せずにオーバースローからサイドスローへと投球フォームを変え巨人軍の中心選手として活躍しました。

 

そんな角さんが5ヶ月ほど前に病気をカミングアウトしたのは覚えているでしょうか?

 

 

病名は『前立線ガン』

 

 

高齢者になるほど発祥しやすく70歳以上の男性がもっとも多いようです、そして初期の段階で見つかれば完治の可能性がかなり高いのですが、自覚症状がほとんど無いため早期発見が難しいのが前立線ガンの特徴です。

 

 

血尿や腰痛のなどによって発覚することが多い前立線ガンですが、腰痛が出る時には骨への転移をした後になるので人間ドッグなどを定期的に受けて早期発見するのが一番いいようです。

スポンサードリンク

僕も健康診断2年ほど受けていません、行くのが面倒だったりお金がもったいないと感じますが、病気になったほうがもっとお金も時間もかかるので定期診断に行っている人の方が賢いですね・・・一緒に行きましょう!

 

 

そして治療法は比較的選択肢が多く手術による除去、放射線治療、そして今回角さんが選んだ重粒子線治療があるようです。

 

 

この重粒子線治療については受けるために3つの条件があったり、費用についても高額になるようなのでそちらについては詳しく書いている記事下記リンクに載せてをご覧ください。

 

【まとめリンク】

 

(ざっと見るにはこちらのまとめ記事)

詳しく知りたい人用

(受ける条件、費用、副作用について)

日本でも4箇所しか設備の無い重粒子線治療は今までの放射線治療よりも健常な細胞へのダメージを最小限抑えることができるようです。

 

(重粒子線治療 受けられる施設がある病院)

(千葉県にあり日本で一番初めに重粒子線治療が受けれるようになった病院)

 

このガンのカミングアウトした時に印象に残ったのは角さんの奥さんの
『完治するまで一緒に頑張る。覚悟している』との発言でした、

角さんが前に離婚暦があり、最初の妻はプロ野球に入る前の実業団時代に結婚したもの離婚し、バブル崩壊とも重なって慰謝料などあわせて6000万円の借金をしてしまったようです、そんな時に今の奥さんが持っていた不動産を手放し借金を返済したなんてエピソードもありました。

 

 

奥さんは上記の金銭的だけでなく精神的にも角さんのことを支えているようです。

 

(二人のエピソードについてはこちら)

角さんって結構心配性なんですね、女芸人への配慮なんかは相手のことを考えて行動しているのがわかるので角さんのやさしさが感じられるエピソードですね。

 

 

 角さんと出会う前からスナックの経営をしていた奥さんと角さんで現在はm-129と言うスナックを恵比寿で経営しているようで、角さんもたまに顔を出しているようです、恵比寿駅西口のすぐ近くにあるようでレトロな雰囲気漂い、角さんのファンの男性客も集まっているようです。

(m-129の画像と場所)

ガンの完治をテレビで放送することで今後完治する人が増えると良いですね、これからも角盈男さんの芸能界での活躍を願い筆跡させていただきました。

 

オススメ記事⇒金スマで特集されるやしきたかじんの死因は食道ガンの影響の窒息死?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す