スポンサードリンク

芳根京子の難病 ギランバレーとは?完治まで一年は長い?

3ae66c7eea2b202c0ae4aa9dcf6dfec8 300x287 芳根京子の難病 ギランバレーとは?完治まで一年は長い?

女優の芳根京子さん現在視聴率が絶好調のとと姉ちゃんの次に始まる朝ドラ『べっぴんさん』のヒロインに抜擢されました♪

この芳根京子さん難病であるギランバレーを乗り越えて女優をやっているんです。

この難病 についても調べてみました♪

スポンサードリンク

芳根京子さんが『べっぴんさん』のヒロインに選ばれた理由として見た目の可愛らしさとは別にすごく強い芯を持った女性という設定だったので

芳根京子さんの芯の強さ、まっすぐさ、健気さというのが見えてきて選ばれたんだそうです。

 
そもそも芳根京子さんは高校1年生の時に歌手の遊助さんこと上地雄輔さんのライブに行った時にスカウトされて芸能界入りを果たしたんだそうです。

 

こういったところにスカウトする人達はいるんですね( ゚Д゚)

 

 

そして2013年ラストシンデレラドラマでデビューし、その後 花子とアン、探偵の探偵など 出演し、表参道高校合唱部のドラマで初めての主演を務めました♪

結構活躍してるんですね♪ 三ツ矢サイダーのcm キャラクターもやっているんだそうです。

 

 

芳根京子さんはアメブロで過去に難病だったことを自分から告白しています、それは中学校2年生の時に体に力が入らなくなる病気を患い一年間学校に通うこともできなかったんだそうです。

 

その病気の名前がギランバレー症候群

 

ギランバレーとは

このギランバレー症候群は国が認めている難病で筋肉を動かす運動神経が障害され両手両足に力が入らなくなってしまう病気なんだそうです。

自分自身の細胞を外部から侵入したウイルスと勘違いして攻撃してしまう『自己免疫』 による病気だと言われています。

 

ギランバレーは発症してから2週間~4週間ぐらいの症状が1番重い状態 らしく、激しい場合は呼吸もできなくなることもあるんだそうです。

 

 
《ギランバレー症候群の重症度》
グレード0 : 正常
グレード1 : 軽微な神経症候を認める
グレード2 : 歩行器、またはそれに相当する支持なしで5mの歩行が可能
グレード3 : 歩行器、または支持があれば5mの歩行が可能
グレード4 : ベッド上あるいは車いす限定(支持があっても5mの歩行が不可能)
グレード5 : 補助換気を要する
グレード6 : 死亡

引用 https://welq.jp/7822

ギランバレーの重症度投票があったので借りてきました。

1年間入院していたということなので グレード2 より上 なのかなと思います。(^^)

ギランバレー の治療期間として1 ヶ月ぐらいで症状が一番重い時期があり、その後は徐々に回復して言って6ヶ月~12ヶ月後に完全に良くなるんだそうです。

芳根京子さんもこの間に治ったということですね。( *´艸`)

 

 

芳根京子さん若くして、こういった難病と向き合っているので心根の芯が強く育ちますよね。

これから女優として活躍していく上で、芯の強さ心の強さへのこだわりというのが大事になってくるかと思いますし、辛い人の心を表現できる女優さんになりそうですね。(^^)

 

 

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す