スポンサードリンク

田中将大と里田まいの出産場所はアメリカのどこで?札幌は安かった

satoda 田中将大と里田まいの出産場所はアメリカのどこで?札幌は安かった

 

メジャーリーガーの田中将大さんと里田まいさんの間にの出産についてアメリカなの?札幌なの?と話題になっています。( *´艸`)

メジャーの規模に驚きですw

スポンサードリンク

妊娠5ヶ月の時にツイッターで報告していました


 

日本で産むのか?アメリカで産むのか?病院はどこなのか?といろいろと検索されていました。

 

田中将大さんのように海外で活躍している選手の子供って国籍はどうなるのかな?と疑問に思いますよね。

 

世界の国籍の決める方法としては【血統主義】と【生地主義】というもので決められます田中将大さんと里田まいさんが住んでいるアメリカの場合は生地主義で、アメリカで子供が生まれた場合はアメリカの国籍を取得できます。

逆に日本の場合は血統主義なので日本に住んでいる外国人国籍の両親から生まれた子供は、日本で育っていても日本の国籍を取得することができません。

 

なのでニューヨーク市内の病院で出産した里田まいさんと田中将大さんの子供は、まずはアメリカ国籍を取得したことになります。

その赤ちゃんに日本国籍を取らせるには、生まれてから90日以内に出生証明を持って日本大使館に届出をする必要があります。

 

逆にこの90日を過ぎても日本の国籍を得ることができる、アメリカ国籍として生きていくことになります。(´・ω・`)

 

 


子供がアメリカ国籍を取得した場合、アメリカへの長期滞在が可能、もちろんビザがいりません。

 

アメリカでの教育が18歳まで無料で受けられるし、公立大学に進学するのも学費が格段に安いです、ただデメリットとして日本人がアメリカで出産する費用はかなり高いです。

日本で出産すると平均的な費用としては、およそ50万円ほどかかります。

ただ出産育児一時金が42万円ほど支給されるので、実際は10万ほどで出産ができます、これがアメリカの場合は国民保険制度ないなものがないので、平均コストは約97万ほどと言われています。( ゚Д゚)

 

 

アメリカでは基本2泊3日の入院ですが、セレブになると2週間ほど入院を希望するケースなんかもあります。

里田さんの場合は彼女専属の通訳兼身の回りのお世話係がついていて、それも全部球団であるヤンキースが持っているっていう話なので、そういったきめ細やかなサービスまで希望していたら入院が1千万円を超えているとも言われています。

しかもその費用は球団持ち( ゚Д゚)ヤッベーゾ

 

 

 

里田さんの実家である札幌に戻り、お母さんに手伝ってもらいながら出産するなんて噂もありましたが、ここまでしっかりサービスしてくれるんであればそっちのほうにお願いしようかなと思う気持ちもわかります。

 

実際田中将大さんにはヤンキースは7年で161億円ものお金を出しているので、それから考えると安いものなのかなぁといった感じがします。

 

しかし出産費用も契約している球団が出すなんて日本とはだいぶ違いますね。(*´Д`)

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す