スポンサードリンク

熱中症になってしまう状況と処置方法

最近は真夏日の気温が30度以上になったり、 熱帯夜と言われる夜間の最低気温が25度以上の日が増えてきています。

運動していたり外でじっとしていると言った状態や、室内でも熱中症になったりすることが結構増えているらしいです。

スポンサードリンク

 

熱中症の症状として 重症度 1~3に分けられています。

熱中症は高齢者以外は死に直結する病気 の可能性は低いです。

熱中症の人を何度か見ると適切な処置がしづらく大丈夫だろうと思ってしまうから 適切で迅速な処置ができるように 分類が定められたんだそうです。
分類1
症状
めまい失神こむら返り手足の痺れ
処置
涼しい場所
体の熱が逃げるように 服を少し開けてあげる
足を高くして寝かせる
氷水や水などで体を冷やして体温を下げる
水分と塩分を補給する
分類2
症状
頭痛
吐き気
嘔吐
倦怠感
虚脱感

対処 分類値よりも 重症度が高くなっているので自分で水分塩分が取れないようなら 病院へ連れて行った方がいいです。
分類3
症状
意識障害
痙攣
呼びかけ に対する反応が正常ではない
体を触ると体温が高い

 

熱中症の処置方法

すぐに救急車 を読んで 分類器の処置を施設まつこの状態は結構危険な状態なのですぐに救急車を呼んで ください。
意識がはっきりしている場合 体を冷やすために冷たい水を ませてあげたほうがいいです できれば スポーツドリンクのような塩分も含まれているようなものが最適です。
そういえば 高校生の時に熱中症なのか体育館で急に痙攣し出す男の子がいました先生は涼しい所に寝かせているだけでした。

そのこの場合は割と頻繁に起きていたので、体質的なものもあるかもしれませんが、正しい処置が分かってないと何か起きた時に怖いですよね。

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す