スポンサードリンク

熱中症とはどんな状態で起きるのかと予防できる食べ物は?

熱中症とは どんな状態が起きるのか について調べてみました.。

先日室内で熱中症で亡くなったというニュースも飛び交っているほどに今年は猛暑です、 そんな時に危険なのが熱中症命を落とすことは 頻繁ではないものの熱中症で倒れたりする人は結構います。

 

適度な体温を維持する

そもそも僕たちの体は運動や体動かすことによって常に熱が生まれています なのでその熱も によって体 が熱くなりすぎないように 末梢血管が広がって皮膚に多くの血液が流れ 外気へ熱伝導によって熱を逃がしたり汗をたくさんかいて 汗の蒸発とともに体の体温が 奪われるような 仕組みを持っています。

スポンサードリンク

ただ 長時間そう言った高温の環境にいたら 体から水分や塩分であるナトリウムが失われてしまい 手足のしびれ めまい立ちくらみ筋肉のこむら返りなどといった症状が起きてしまいます この状態を熱中症と呼んでいます。

 

室内でも熱中症に

外で校長先生の話を長々と聞いている時などに起きるイメージですが、スポーツや外での作業以外でも室内の気温や湿度が高い日は、風のない室内で家事をするようなケースは熱中症になりやすいと言われています。

更に下痢などで脱水気味の状態の人は特に水分の減りが早いので注意が必要です。

 

 

熱中症を予防

熱中症を予防するために、大切なことは体温の上昇を抑える事を一番最初にしたほうが良いです。

そもそも人間は哺乳類なので活動にちょうどいい体温があります。
それ以上に上がってしまう環境にいるのは体に良くないです。
日陰で休んだり プールや川で水に入ったりして 体温を下げることが重要なんです。

とはいっても 息子の部活の応援や クーラーのない部屋での火事など やらなければいけないこともあるかと思います。

 

外に出るときは帽子や日傘を使う。 室内でも 温度計を置いていたりして室温を意識した方がいいです、特に室温は28度ぐらいに してあげるのが目安です。

遮光カーテン、すだれ、打ち水などすることでエアコンを使わなくても涼しいと感じることができます。

 

 

子供とお年寄りは特に注意が必要

年寄りや子供が熱中症になりやすくて 熱中症で亡くなる人はだいたい65歳以上の高齢者なんだそうです。

お年寄りの場合、暑さや喉の渇きなどの脱水症状になっても自分で気づきにくいんだそうです。

喉が乾かなくても水分補給したり、家に引きこもっているのではなく1日1回汗をかく運動をするのが効果的なんだそうです。

 

友達のお母さんもある程度歳をとってくると室温などをなかなか感じにくくなっているようで、温度計を持ち歩いていると話していましたそういった対策もしていくといいのかもしれません。

 

子供の場合 汗線 が少なかったり体温調節機能が 大人に比べて低い ので熱中症になりやすいんだそうです。

顔色や汗のかき方をよく親が観察してあげること、 喉は乾いてない?と 聞いてあげたり、熱を逃が服を選んで着せてあげることも予防に繋がります。

 

 

熱中症予防の食べ物


ナトリウムを失ってる状態なので水と塩はしっかりと摂取することが熱中症の予防につながります。

食べ物で言うと
レモンに含まれるクエン酸
豚肉に含まれるビタミン b
は夏バテの予防にも 効果的なので熱中症を防ぐ役割も期待できると思います。

 

年々暑い日が増えてきている感じがするので熱中症で倒れたりしないようにしっかりと予防していきましょう。♪

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す