スポンサードリンク

満島ひかりのデスノートとfolder5の画像!これまでの生い立ち!

満島ひかりさんについて調べてみました第二弾です!今回は画像が可愛いと話題だったので今までの画像と生い立ちについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

満島ひかりさんって最近は綺麗なおねぇちゃんって感じの女優さんですがデスノートに主人公ライトの妹役として、出演した時の画像が可愛かったので話題になっています、そして実は満島さんは色々と転身し苦しい時代も乗り越えてきたようなので生い立ちから調べました!

 

まずは幼少期です


こちら⇒幼少期の画像


可愛い妹や弟達と撮った写真のようですが満島さんだけ上目遣いでこの頃から見られることを意識しているようですね。

 

 

 

アイドルになる子の幼少時代ってこの写真の撮り方が多い気がしますがいったい誰に教えられるのでしょうか??自分で編み出した可愛いポーズがこのポーズになるのでしょうか?
因みに女性は下から上目使いで見ると可愛く見えて男性は上から見下ろすとかっこよく?・・・男らしく見えるらしいですよ!

 

 

11歳の時に7人組ユニットFolder時代

こちら⇒Folder時代の画像

デビューシングル『パラシューター』10万枚のヒットを記録し、映画『モスラ2』にも子役デビューしこれがきっかけで今の役者人生があると語っていました。

 

 

そしてFoderでのメインボーカルの三浦大知さんが変声期に入り抜けた事で女性だけの5人組グループfolder5が結成されました


folder5の代表作の『Believe』です⇒Believe動画

 

この曲は現在も大人気のモンスター漫画ワンピースのOP曲で一気に知名度が上がりました。

こちら⇒folder5の画像


しかしそれ以降はあまりヒット曲が出ずグループ結成から2年解散が事務所から発表されました、その時の言葉が

『沖縄に帰って別の幸せを掴みなさい』

と言うものでしたが、実はボーカルを務めていたAKINAさんだけその後ソロで活動することが決まっていてそれを知った満島さん『私も芸能界に残りたい!!』と事務所に猛アピールしたそうです。

 

 

 

 

満島さんは芸能界での幸せのきっかけを自分の手で掴みました、そしてその仕事のなかでデスノートなどにも出演していましたが当時はそんなに話題になりませんでした、そして女優としていろんな監督の意見を聞きながら演技することでその才能を開花させていきました。

スポンサードリンク

帰りなさいと言われて帰ったら今の芸能界での活躍は無かったわけですから事務所が見出せなかった可能性を自分が信じて動いた満島さんは凄いですね、誰かに言われたことを聞くのも大事ですが自分で納得するまでやってみるのも大事なんだなと感心させられました。

 

 

2007年には映画『エクステ』が公開されましたその年の10月に満島さんの父飲酒運転事故を起こし、教員の仕事を辞めてしまいその後事業に失敗し、実家を手放してしまったりと精神的にも辛かったようです。

 

 

沖縄は一時飲酒運転が容認されていたので、飲酒運転している人も多かったようです、そしてこれを期に引退し事業を始めるも失敗し、かなり家計は苦しかったようですそして泣かず飛ばずの状態だった満島さん、実家に帰ろうかと考えていた所で演技が認められ女優として活躍するようになりました、もし沖縄に戻っていたらきっと女優さんほどは、稼げてなかったでしょうから金銭的な面や夢の部分では良かったのではないでしょうか、ただ実家の家族関係が心配です。

 

 

 

そして2010年『川の底からこんにちは』では監督石井裕也さんと恋に落ちて現在結婚しています、次の記事で紹介しますがこの石井さん満島さんとの結婚を期に『希望の星』と呼ばれているようです 笑

 

 

2011年瑛太さんとの二度目の共演作品のドラマ『それでも、生きていく』の演技で知名度を上げ『WOMAN』の話が来て実力派女優として一気に知られるようになりました。

 

 

そして最近になって満島さんの過去の作品を調べた人たちがデスノート可愛い子は満島ひかりだったのか!と話題になっているようです。

こちら⇒満島ひかりのデスノートの画像1

続いて⇒デスノートの画像2

 

そして新ドラマ若者達でヒロイン役に決まりこれからもっともっと活躍し大女優への道を歩んでいく満島ひかりさんの演技に注目していきましょう。

画像⇒満島ひかりの現在の画像

 

続き⇒第三弾!

 

読んで無い方は⇒満島ひかりは若者たちよで瑛太と3回目の共演!画像と過去の作品を振り返る!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す