スポンサードリンク

松原のぶえの病気は腎不全!今現在は弟のおかげで第二の人生がある?

matubara nobue 232x300 松原のぶえの病気は腎不全!今現在は弟のおかげで第二の人生がある?

腎不全をご存知ですか?その腎不全と戦い第二の人生を生きている演歌歌手の松原のぶえさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

松原のぶえさんといえば、おんなの船出でレコード大賞新人賞を獲得するのを皮切りに美空ひばり賞やHNK紅白歌合戦へ7回も出場している演歌界の大御所です。

 

 

そんな松原のぶえさんが腎不全という病気になってしまい人工透析を週3日3時間という生活になってしまいました。

 

 

そもそも腎不全とは?

 

 

腎臓は体の水分を調整したり、尿として排出する機能があります、男性はわかりやすいと思いますが、尿の色が薄かったり濃かったりしますよね?

 

あれは腎臓の働きで体内の水分量で尿の水分の量が調整されることにより濃度が変わっているようです。

 

他にも不要になったホルモンを活動しないようにしたりと門番のような役割を担ってくれています。

 

そんな腎臓の働きが通常の30%以下になることを腎不全と呼び、老廃物の排出が十分にできなくなるようです

 

 

臓器系は悲鳴を上げにくいと言われますよね、食事も水分が多いものや汁系、そして野菜や果物は水分が多いのである程度の量しか食べられなくなります、慢性肝不全になると腎機能は回復不可能と言われているので大切にしてあげないといけないですね。

 

 

松原さんは人気者で引っ張りだこだった46歳のときに風をこじらせて肺水腫になり・・・

 

 

急性肝不全が再発してしまいました!

 

 

再発?

 

そうです、松原さんは幼少期から肝臓に異常が見つかり、慢性腎不全だったようですが治療のかいあって症状も落ち着いていたようです、しかし歌手活動を始めたときあたりから尿の出が悪くなり利尿剤を使うことも増えて言ったようです。

 

 

そして『大阪の公演中に寒気がして、風かと思ったら突然声が出なくなり、横になって寝ることもできなくなり病院に行くと・・・・『腎臓が2%しか動いていない』といわれ仕事を続けるために人工透析を進められたものの、投薬治療を選んだが『このままでは死ぬ』と宣告され透析に踏み切りました。』

スポンサードリンク

すごいですね・・・そこまでして歌手をあきらめなかった松原さんへの苦難はまだまだ続いて、松原さんは心臓に負担がかかり血圧が下がってしまう特異体質ということで透析の時間が3時間に短縮されたようで『透析中はこのまま死んじゃうんじゃないかって・・・』と弱気になっていたことを明かしていました。

 

 

自分でわかるぐらい治療中に体の状態がかわっていったら誰だって不安になりますよね、ガンなどの抗がん剤治療も髪の毛が抜けたりするのは精神的にかなりのダメージを感じると思います。

 

 

松原さんと同じように人口透析を受けている患者は現在28万人いてその人たちの大半はドナー待ちの状態のようです、『松原さんもドナーが回ってくるまでに生きているのかが不安』と語っていましたし実際にドナー提供が受けられるまでに平均で14年間かかる今のシステムに反対の声も多いのが現状です。

 

 

そして松原さんの透析が一年たつ頃に弟の廣原伸輝さんに

 

 

『肝臓あげるよ』

 

 

と言われ最初は松原さんも弟の彼女も反対したものの本気だと知り涙がでてしまいました。

 

 

最終的組織適合が認められて手術ができて今では2リットルの水を飲むように進められ、飲むとすぐに出る健全な体になったことがうれしいと話していました。

 

 

弟さんの愛に感動してしまいますね、僕も同じ立場だったらかなり悩んでしまうと思います。

 

 

そして現在では歌手治しても復活を果たし『第二の人生は私が元気でいることで、病気の人の励みになってくれたらいいなと思っています。これからは新生松原のぶえで頑張ります』とコメントしていました。

 

 

病気って人生を考えさせられる転機ですよね、僕も母がガンになった時に今まで色々やってあげてなかったなと・・・・

 

 

まぁ無事に治ったのでまた前の状態に戻りつつありますが、なにかしらで恩返ししていきたいなと思っています。

 

 

私事で申し訳ありません、松原のぶえさんの今後の活躍、そしてドナーが待っている人の所に届くことを願い、筆跡させていただきました。

 

オススメ記事⇒オスマンサンコン現在はギニアと日本の架け橋になるも嫁と離婚の危機?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す