スポンサードリンク

杉村太蔵が国会議員になった経緯

5a2b50619ac3244c6de76f0b3103121b 214x300 杉村太蔵が国会議員になった経緯

画像引用元 杉村太蔵公式HP

元国会議員杉村泰三さん、当時史上最年少の26歳で衆議院議員に当選したんですが、その直後に国会議員の年収は2500万や料亭に行くのが夢といった問題発言で2012年の2度目の選挙で落選しました。

 

現在は所属事務所に所属しないフリータレントとしてバラエティー番組などで活躍しています。

議員になった経緯と問題発言についてテレビで暴露していました。

杉村太蔵が国会議員になった経緯

スポンサードリンク



杉村太蔵さんがそもそもなぜ26歳という若さで政治家になったのかについて、筑波大学中退後、派遣社員を経て外資系の証券会社に勤めていた杉村太蔵さん、株式調査部という株が上がるか下がるかを予測する部署はに勤めていました。

そこで2005年に小泉総理の郵政民営化に賛成か反対かを問う郵政解散があったので、その時に上司に呼ばれ

 

『郵政民営化が成功したら株価がはね上がるので、選挙の動向調べてきなさい』

 

と、言われ調べていると新聞や雑誌や評論家などコメント使いレポートを作っていくと、たまたま自民党のホームページに行き着きました。

そしてそこには候補者を公募している1時試験として論文試験がある。

郵政見えるかと構造改革に対するあなたの考えを1,600文字書いて送ってくださいと書いていたんです。


それを見た時に『よし立候補しよう』という気持ちよりは、小泉さんへのファンレターぐらいの気持ちで、上司やお偉いさんが言っていることなど書いて、最後に私もそう思うと書いたんだそうです。

ほぼコピペですねw

 

論文送ったら党本部から電話かかってきて

『杉村さん論文読みました、素晴らしい論文です』だと。

その時そらぁそうでしょうね、と思ったらしいです。笑

まぁそうですよね( *´艸`)
賛成派の意見を書いて、私もそう思うと賛成すれば完全に思いは同じ人に見えますね。w


『今すぐ党本部に来られますか?』と聞かれたので

その時に『5分でまいります』

流石の行動力。立候補するつもりは無かったのに・・暇だったのでしょうか?w

 

実際1,000人以上の応募者がいたようで、財務省出身だったり経産省出身、弁護士、公認会計士といった肩書を持った人たちが居る中で

『5分できたのお前だけだ』とその行動力として若さに光るものがあるってことで5回の面接と3回のの論文試験受けてようやく候補になったんだそうです。

なんかとんとん拍子ですね。w

 

でも、そもそもは仕事で選挙の動向を調べていたので、会社の上司に言わなければならなくなります。

上司に『選挙の動向はどうなった』と聞かれると

『いやそれどころじゃなくなりました。私この度選挙に出馬することになりました』

と報告しました。

 

俺は前に選挙の動向を調べてこいと言ったんだぞ』と上司に言われまいた。

ミイラ取りがミイラになるような感じでしょうか?w

会社は政治活動はダメだって言ってきたので『憲法上許されているはずだ』と主張し

間違いなく落選するからこの選挙期間中の10日間は有給ください。』と9月11日が投票日で9月12日は必ず選挙が終わった後はまた復帰するんでと有給休暇をもらって選挙活動していたらしいです。

副業みたいですね。w当時投票した人たちはがっかりですね。(´・ω・`)



思い出づくりみたいな感覚だったようで、比例代表35位だったので自民党も当選すると思っていなかったようです。


比例代表での候補だった杉村さんは、自民党に票が集まらないことには国会議員になれないんです。

比例代表の下の方の人はあそこ掃除しろとか看板出せとか、雑用させられていたそうです。

 

選挙期間中はみんなこき使っていたのがNHKの選挙速報で『杉浦太蔵当選です』と出た瞬間からこれまで使っていた大人たちが手のひらを返すように
『先生、先生』と変わってしまったようです。

 

杉村泰造さんが当選した年は、小泉旋風が巻き起こり自民党が圧勝し296議席も獲得する時だったんです。

失礼かもしれませんが偶然も重なって当時最年少26歳で当選したんだようです。
運も実力のうちですね( *´艸`)


それまで軽自動車をレンタルしていたのが、帰ろうとしたらしたらいきなり

先生もう車の運転をするのはお辞め下さい。あちらにお車を準備しております』と、黒のクラウンが月明かりにビカビカ光っていたんだそうです。


後部座席に乗り『俺の人生変わる』っていう興奮に包まれたんだそうです。



そんな興奮状態だったので『料亭に行ってみたい』という気持ちも口に出ちゃういましたと。w


当選日までは26歳の会社員で、給料日前はどうやり過ごすかを考えていた翌日から年収が2,500万に跳ね上がるんです。

その興奮をカメラの前でそのまま話しただけだったと。

素直過ぎたんですね(´・ω・`)


問題発言の後は『幹事長がお呼びです』と電話を受けました。そう喋る秘書の声その電話の向こうで明らかに武部幹事長が叫んでるんです。

コンコンと扉を開けた瞬間『貴様か』という武部幹事長の怒りが飛んできたらしいです。

『お前が自民党ぶっ壊してどうするんだ』

この発言センスありますね。w

当時小泉さんが自民党のコスト削減の発言として『自民党を壊す』と。


その時泰三さんは本気で殺されると思ったらしいです。

 

人生何が起きるかわかりませんね~大切なのは行動力ということでしょうか(*´ω`*)

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す