スポンサードリンク

川島なお美の旦那パティシエ鎧塚俊彦の目が失明した病気とは?セレブは嫌?

川島なお美さんの旦那で日本の3大パティシエとも言われヨーロッパで賞なども受賞し実力を認められている鎧塚俊彦さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

セレブは嫌?


東京ミッドタウンに人気店を構える鎧塚俊彦さんと女優として大成功している川島なお美さんの収入は聞かなくても高いことはわかりますよね、特に川島さんはテレビでも優雅な生活を公開したりして優雅なパティーなどに参加しているイメージが有りますが鎧塚さんはセレブにはあまり興味が無いようです。

 

 

そんな鎧塚さんは川島さんとケンカしたときはサウナにワンカップを持ち込み飲んでいるようで、番組で

鎧塚『セレブと言われるのが好きじゃないのよ、セレブじゃないしだいたい』

アナ『川島さんとパーティーや別荘、海外旅行、に行ったりするイメージですよ』

鎧塚『嫌ですよね、僕サウナで暮らしてたこともありますし、寅さんみたいな生活に憧れてる』

スポンサードリンク

以外と自由気ままで優雅とか物欲とあまり縁が無い人なのでしょうね。

 

 

鎧塚俊彦の目が失明した病気とは?

 

そんな鎧塚さんの左目が失明の危機が訪れ、仕事でもミスをしてしまうほどでした、そんな時川島さんは毎朝5分おきに目薬を指してあげたり、目の病気について調べ、甘いものの試食が多い料理もカロリーを気にして手料理を作っていました。

 

そして4度の手術をしたが左目は失明してしまいました。

 

 病名は網膜中心静脈閉塞症と新生血管内障です

 

50歳以上に発症しやすいようで片方の目に映るものが歪んでしまいマス目を見たときに線が曲がってしまったりしてしまうようです。

 

川島なお美さんは

『私生活では私が彼の目になります、その笑顔をいつまでも見せてもらえるようにがんばります』

と支え続けました。

 

 

そして左目の視力を失いながらもパティシエの仕事を続けることができました。

現在は川島なお美さんのがんも再発の危険性はあるものの一応完治していて二人で新しい人生を2人3脚で進んでいることでしょう。

この時のことを先日の金スマで手紙を通して感謝していました

続き⇒川島なお美生存率10%のがんとは?

 

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す