スポンサードリンク

安部なつみは現在結婚より舞台に夢中?光への歌詞は人生で大切なこと?

naltuti 233x300 安部なつみは現在結婚より舞台に夢中?光への歌詞は人生で大切なこと?

国民的アイドルの元モーニング娘のセンターでなっちの愛称で親しまれていた阿部なつみさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

モーニング娘と言えば最近道重さゆみさんが卒業したことでも話題になりました、道重さんほどの個性的なキャラクターではなかったもの、安部なつみさんもモーニング娘の初期メンバーのセンターとして活躍していました。

 

 

最近になってモーニング娘の当時の確執なんかをテレビで中澤裕子さんや保田圭さんが暴露して話題になりましたね、今みたいに歌によってセンターが変わることはほとんど無くセンターはほぼずっと真ん中で一番目立ちながら歌っていた時代だったので、センターは嫉妬され嫌われ、あらぬ噂を立てられるのは仕方なかったのかもしれません。

 

 

そんな安部さんがモーニング娘を卒業してソロとして活動してすでに10年の月日が経っています、上に書いたようにモーニング娘のなっちというイメージが今でこそ和らいできたものの、ソロデビュー当時からなかなか抜けなかったようです。

スポンサードリンク

その理由はやはり大勢の人が見るテレビにあまり出ない原因ではなんだか知っていますか?

 

実は、なっちは舞台で輝く女優の世界に引き込まれて、その世界で活躍していました!

 

そして最近リリースしたアルバム『光へ』のきっかけになった本田美奈子さんのメモリアルコンサートでミュージカル曲を歌い上げレコード会社のプロデューサーの目に留まりできたこのアルバムにはモーニング娘時代から一枚も二枚も脱皮した安部さんの魅力が詰まった一枚になっているようです。

 

すでにクラシック部門で売り上げ一位を獲得するなど話題になり、ネットでも安倍さんの歌声が旨すぎると評判で、全盛期にセンターにいなかった安部さんの活躍に安心する意見も多かったです。

 

(安部さんの歌声についてはこちら)

 

アイドルの頃と違い、感情を優先して歌う歌の大変さとそれによって伝わる感動に惹かれている安部さんは光への歌詞にもかなり共感して気に入っているようです。

 

(安部なつみの光への思いのインタビュー)

 

魂同士のぶつけ合いなんて表現されたら見に行きたくなりますね、舞台ってお客さんと向かい合っている分会場の空気感や感動の共有なんかがしやすいのでしょうね。

 

夢や希望に向かっていく上で大切なこと、見失っちゃいけないことが歌詞になっているようで調べている人も多かった歌詞はコチラです。

 

今後の目標として海外の舞台も見たいし、美術館などにも回りたいと話す安部さんはまだまだ舞台に夢中のようで、結婚についてはフライデーで交際をスクープされたものの、今は恋愛よりも仕事を優先して活動していると公言しているので結婚については相手(いればですが)の意向もありますがまだ先になるのかなと思います。

 

オススメ記事⇒保田圭と中澤裕子がデビュー当時のモーニング娘の不仲ぶりを告白!!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す