スポンサードリンク

唐沢寿明が映画イン・ザ・ヒーローの試写会で見て欲しい所は人間ドラマ!

karasawa 236x300 唐沢寿明が映画イン・ザ・ヒーローの試写会で見て欲しい所は人間ドラマ!

 

爽やかイケメン俳優として、またバライティ番組などに出演するとかなりのハイテンションとテキトーな発言でお茶の間を笑わせてくれる俳優さん唐沢寿明さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

唐沢寿明さんといえば白い巨塔などが代表作としてあげられる俳優さんで、ドラマや映画で幅広い役をこなしています。

 

 

そんな唐沢さんの映画最新作は『イン・ザ・ヒーロ』で唐沢さん演じる主人公はブルース・リーに憧れ、日本でスタントマン別名スーツアクタ-として活躍して来ました、しかしスタントマンと言うのは危険な撮影を主役の俳優の変わりにやる影武者的な存在で特に日本では日の当たらない職業です。

 

 

そこに海外の監督が現れ8メートルからの落下、そして燃えさかる火に包まれながら100人の忍者を切り倒すスタント以来が来て主人公は『夢をかなえるチャンス』として挑戦しようとするものの、妻や周りから『危険すぎる、辞めて』との反対もあり心が揺れてしまい・・・・

 

 

みたいな内容のようです、なんだか面白そうで予告動画をやたらと見てしまって妄想が膨らんでしまったので変な僕の主観も入っていますが軽く受け流しといてください。笑

 

 

因みに調べてみると基本は車に引かれて3万円、火だるまで100万円ほどのようで海外の方が報酬が高額で待遇もいいようです。

 

 

そして唐沢さんは映画の試写会などで熱愛などの噂が流れている芸能人がいるとそれを何度もイジって焦ら会場を笑わせる天真爛漫ぶりですが、今回はそういった相手がいなかったのですが、ちゃんと笑いを取っていました。

 

 

もともと唐沢さんもスーツアクターとしての仕事から始まったようで、
『俺も昔スーツアクターだったけど、今回は怪我もした。初老だからと自虐ネタを披露しさらに共演している福祉蒼汰さんが海外での仕事に意欲を示すと唐沢さんはすかさず『俺が福祉の吹き替えアクションをやるよ』と発言していました。

スポンサードリンク

唐沢さんは見た目はまだまだ若いですが実はもう50歳になる俳優さんです、実際のスタントマンって50歳になる前にほとんどが引退しているのではないでしょうか?

 

 

でもその映画ではその年齢でも夢を諦めずにがんばっている所に『ロッキー・ザ・ファイナル』や『ザ・エージェント』のように諦めないこと、諦めた気持ちをもう一度奮い立たせてくれるそんなメッセージが詰まった映画になっているようです。

 

 

唐沢さんも最後に見所を聞かれると『スタントマンをほとんど使わずに撮影したのでスタントに注目されそうですが、人間ドラマもしっかり描けているので見て欲しいです』と話していました。

 

 

実際にこの映画の撮影の為に体作りで半年間赤味肉とブロッコリーの食事を続けていると妻の山口智子さんから『もうやめなよ』とスーツアクターさながらの心配をされたようです。

 

 

唐沢さんの芝居へのこだわりは凄いと有名で白い巨塔の時もドラマの放送終了まではNGシーンを公開するのにOKしなかったり、ドラマ出演中は役の印象が変わるのが嫌で他のテレビ番組にでないほどの徹底ぶりのようです。

 

役者としてだけでなくほかでも活躍できるのにちゃんと役者としてのポジションを大事にしている唐沢さんはカッコイイですね。

 

続き⇒神木隆之介が克服した病気は消化器系?るろうに剣心での宗次郎がビンゴ!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す