スポンサードリンク

吉永小百合の夫岡田太郎との禁断の恋?父との確執タモリと共演理由は?

yosinaga sayuri 300x300 吉永小百合の夫岡田太郎との禁断の恋?父との確執タモリと共演理由は? 

日本の大女優といえばこの人で、芸能界の著名人たちにもファンのサユリストが多い吉永小百合さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

吉永小百合さんと言えば、若い人はあまりしらないかもしれません、昔の作品も数多いながら未だに女優として活躍しており、今年の8月には新作の映画『不思議な岬の物語』にも主演として活躍しています。

 

 

さらにこの作品ではサユリストの鶴瓶さんとの共演を果たし、嬉しそうな鶴瓶さんは仲がよく、しかも同じサユリストのタモリさんに自慢した所『あの役は本当は俺の所に来ていた』と話すほどに悔しがっていました。

 

 

タモリとの共演の理由?

 

 

タモリさんは生粋のサユリスト学生時代からファンだった吉永さんが早稲田大学に入ると一浪しながらも早稲田大学に入学し食堂のおばちゃんたちから情報収集し、吉永さんが週に2日ほど食堂に来て中華丼を食べると聞き中華丼を食べながら吉永さんを待っていたが出会うことは無かったようです。笑

 

 

そんなタモリさんが吉永さんとの共演を果たしたのが先日惜しまれながらグランドフィナーレを迎えたいいともの最終回です。

 

 

このいいともの終了には続けるつもりだったタモリさんを横目に低視聴率を払拭するためのチャレンジだったようです。

 

 

そんな経緯から功労者であるタモリさんへのプレゼントとして吉永さんをキャスティングしたようです、吉永さん的にも普段は映画の番宣でバライティに出ることがほとんど無いのですが、新作の『不思議な岬の物語』は今までよりも思い入れが強い事もあり共演を果たしたようです。

 

 

タモリさんもさぞ嬉しかったでしょうね、永遠の憧れの人に会うって緊張と興奮でよくわからない感覚になりそうですよね、僕も同性ながら(変な意味ではないよ)憧れている人に会った時は緊張と興奮で何がなんだかあんまり覚えてなくて、その人の言った一言だけが印象に残っています、そんなもんですかね。

 

 

吉永小百合の夫岡田太郎との禁断の恋?

 

そしてそんな数多くのサユリスト達を尻目に26歳という若さで結婚した吉永さんですが、その相手は岡田太郎さんと言って、フジテレビのディレクターから共同テレビの社長、会長、代表取締役相談役を歴任してきた大物年の差は15歳にもなるそうです。

 

 

その15歳差のせいもあり両親に猛反対されながらも結婚し、その代償として子供を作らない事を決めたようです。

 

 

当時は年齢差婚が珍しく、将来生まれてくる子供が可愛そうとっいった意見が多かったようです。

スポンサードリンク

しかし子供を生まない決断って相当な物だったのでしょうね、しかも26歳という若さで結婚したのに・・・

 

 

時代といえばしょうがないですが、つくづく現代の自由な社会に生まれてよかったなと感じます。

 

 

父との確執?

 

最後に猛反対された父についてちょっと紹介したいと思います。

 

吉永さんの父は東大法学部を卒業し、外務省で働くも独立し出版社を立ち上げるもうまく行かず財産を差し押さえられる、その後吉永さんのマネージャーを勤めた人物です。

 

吉永さん両親とはうまくいってなかったようで、母は吉永さんを女優にする為に『人である前に女優でありなさい』と教え、常に笑顔でいることなどを躾られました。

 

 

おかけで吉永さんは小学校6年生から家計を支えるほどになりましたが、その教育法から噂では両親から離れる為に結婚を急いだり、子供を作らなかったのも母との関係に悩んでいる自分が本当に母になれるとは考えられなかったようです。

 

 

結婚を期に吉永事務所を退職した吉永事務所は所属タレントが一人もいない状態になってしまい、その後父はピーターパンという名前のパン工場と小売店を作るも成功しなかったようです。

 

 

吉永小百合さんが唯一の成功だった父ですが、岡田太郎さんとの結婚ですべてがうまく行かなくなってしまいました、娘含め人に好かれるのってかなり大切ですね。

 

 

関連記事⇒高橋克実がタモリ倶楽部で南青山の美容院に月に2回通い髪のカット料が6500円!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す