スポンサードリンク

佐々木蔵之介と増田がライバルだった広告代理店の名前は広大!

とりあえずサラリーマンになっている人は回りにいませんか??

なんとなくサラリーマンになり、なんとなく仕事をこなす、そんな人生を送っている人が多い中、サラリーマンの安定を捨て芸能界に飛び込んだ佐々木蔵之介さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

過去の記事で実家の酒屋やこれまでの経緯について調べましたが今回は酒屋を継ぐ前にサラリーマンになって社会経験とマーケティングを学ぶ為に入った会社でライバルに出会い、人生が変わった話です。

 

 

酒屋に生まれた3兄弟の次男坊としてすくすく育ち、家業は長男が継ぐものと思っていると、『俺は飲んでなくなってしまうものを作りたくない』と長男は建築家の道を目指してしまい、蔵之介さんが家業を継ぐと神戸大学の農学部まで卒業し家業を継ぐ前に経験を積むためにサラリーマンになったようです。

 

 

その広告代理店会社の名前は『大広』勤めていたとテレビで話していて、超大手の博報堂グループのようで入社直後からイケメン話題でしたがもう一人話題を呼ぶ同期の存在がありました。

 

 

イケメンって得ですよねーほんっと!笑 しかもトーク番組で見る蔵之介さんは関西弁でトークもなかなか面白く、当時は若いのでおとなしかったかもしれませんが営業トークは結構出来たのではないのかなと思います、そんな顔9点トーク5点ぐらいの(適当)蔵之介さんにトーク15点(適当)で同じように話題になった同期は・・・

 

お笑い芸人のますだおかだの増田さんです、喋りですでに頭角をあらわし爆笑を量産していたようです。笑

 

 

増田さん面白くて好きなのですがちょこちょこしかテレビでは見てない気がします、トークが面白いだけでは芸人として成功しないのでしょうか?なんだか複雑な芸能界事情が見え隠れしている気がしますね。

 

広大のHPはこちら⇒ https://www.daiko.co.jp/about/

 

二人は同期のなかで明らかに目立っていましたが、増田さんが先にお笑い芸人を目指して退職し、テレビに出演しているますださんを見るたびに増田さんから言われた『一度きりの人生勝負しないでどうする』この言葉が頭の中をめぐっていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク

そこで蔵之介さんは家族に『俳優になる!』家業を継ぐことをドタキャンし、舞台俳優をしながらサラリーマンを始めました、家業はまったく継ぐ気の無かった三男が継いだようです。笑

 

 

三男は酒屋のサイトで思いっきり嫌々継ぎましたと書いていて驚きました 笑 蔵之介さんも今では俳優として、休む暇が無いくらい忙しくしているようで、あるプロデューサーに『30代を忙しくがんばれば40代は楽になるよ』と言われ、がんばって今年46になるけど全然楽にならない!と怒っていました 笑 それぐらい主役も脇役もこなす内蔵介さんは絶え間なく人気が続いているのでしょうね。

 

 

そして、たまにオフがあると海外旅行に1人で行くようで、英語が話せない蔵之介さん危険な体験も多くしているようです、学生の頃に友人とアムステルダムに行きそのホテルの階段で血だらけの黒人が降りてきて後ろから白人が来てその黒人の首を絞めて頭をガンガン殴っている現場に直面したこともあるようです。

 

怖いですねー内蔵介さんが学生時代って事は黒人に対する差別が今よりも激しかったので理不尽な暴行を受けていたのかもしれませんね。

 

因みに増田さんと蔵之介さんはお互いに連絡を取り合いながらも顔を合わせないでお互いをライバル視して切磋琢磨しているようです。

 

業界が違えどライバルの存在ってお互いを高めあっていけるのでいいですよね。

 

続き⇒佐々木蔵之介の実家は酒屋で父とCMにでている動画!熟男は結婚しないの?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す