スポンサードリンク

フィギュアスケートの鈴木明子の病気は摂食障害なぜ画像で歯を隠す?

現在プロスケーターとして活躍中でフィギアスケート界では珍しい遅咲き鈴木明子さんが実は病気と戦いながらフィギアの舞台挑んでいたようなので調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

鈴木明子さんといえば15歳~25歳ぐらいピークといわれるフィギアスケート28歳にしてソチオリンピック8位入賞全日本選手権歴代最年長優勝29歳での引退試合である世界選手権で総合6位に入り日本人最年長入賞記録を作りプロスケーターに転向しました。

 

 

 

 

最年長記録が多い鈴木さんは体調管理などに気を使ってるのでしょうが、調べてみるとなんと大学生の頃に病気になっていました。

 

 

 

その病気は摂食障害過食症や拒食症が出る病気モデルさんや女優さんなどスタイルの維持が大切な職業だったり、自分のスタイルに強い思いがある人などがなりすいようで、鈴木さんもフィギアスケーターとして体重管理にを強く意識して拒食症状のが発症してしまったようです。

 

 

 

この病気は芸能界などに憧れる女性などが食べ過ぎた分を指を口に突っ込んで嘔吐などでだしたりすることでも発症するらしく苦しんでいる女性も多いようです。

 

 

 

鈴木さんは拒食症症状が出てきたようで体重が32キロまで落ちてしまったようですがそんな時でも滑ることを必死に考えていたようです。

 

 

 

鈴木さんの身長が160cmで現在公開されている体重が47kgでした今でちょうどいいぐらいなのにその15kg少ない状態はかなりがりがりだったようです。当時の写真と思われる画像を見つけましたので載せておきます。

こちら⇒鈴木明子のガリガリ画像

 

 

 

この状態でと魅せるスポーツであるフィギアスケートでは結構辛いと思います、実際に見た目が不健康な選手の演技は採点が低くなってしまうのでしょうか?
そういった採点項目はあるのでしょうか?
まぁどっちにしても見ている人が演技よりも心配してしまい演技に集中できませんよね。悲

 

 

 

 

それと鈴木さんの話題になっていましたが先ほどの画像を見てもらったらわかりますが摂食障害の症状として嘔吐を繰り返しその嘔吐で出てきた胃液歯を溶かしてしまい歯の隙間が大きくなってしまうようです。

 

 

 

 

そんな鈴木さんはツイッターなどで画像を上げるときもあまり歯を見せて笑ったりしないようにしている印象を受けました、一度解けた歯を修復するのは出来ないようで、入れ歯やインプラントなどの治療法しかないようです。

 

 

 

 

歯は大切にしないとおいしいものを食べれなくなったら僕の人生の楽しみの8割がなくなってしまいます←食べすぎ!

スポンサードリンク

摂食障害3年ほどの療養で完治したようで

『母が作る料理を食べる鈴木さんを見て母が涙を流していたことが今でも鮮明に思い出せます』
と話していて、完治に向かいだしたきっかけ


『母が自分を受け入れてくれた』


と思ったことがきっかけのようで心理的な安定が病気の回復に効果的のようです。

 

 

 

最近テレビでこの頃の話をよくしていますがその理由は

『同じように病気と闘っている人たちには、夢を持って欲しくてそのことが生きる希望になることを忘れないでほしい』


病気への認知と理解、何よりも病気に負けないで欲しいと言う思いがあるようです。

 

 

病気についてソチオリンピック前に語っている動画がありましたので載せておきます
動画

 

 

 

これからも鈴木朋子さんの活躍を願い筆跡させていただきました。

 

 

 

続き⇒安藤美姫は実家を手伝っていた!フィギア時代にあった派閥とは!?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す