スポンサードリンク

カンニング竹山隆範の2014年エンタの神様で伝えた思い?相方もいい人?

カンニングの竹山さんといえば怒っているおじさんといった印象を持っている人も多いお笑い芸人さんですがエンタの神様に出た事と元相方の中島さんについて話題になっていたので調べてみました。

スポンサードリンク

 

カンニング竹山さんといえば切れ芸で一躍人気者になり、テレビではアンタッチャブルの山崎さんにイジラれ続けキレるといったパターンを見た人も多いでしょう。

 

カンニング竹山隆範の2014年エンタの神様で伝えた思い?

 

そんな竹山さんがエンタの神様に出演しました。

 

デビュー当時の竹山さんはなかなか出ることのできなかったエンタの神様で何とか傷跡を残したい脱糞をしようとした事件を語り、本気でクレームが殺到しもちろんエンタの神様に呼ばれなくなりましたが10年後の2014年にエンタの神様に出演し当時のエピソード映像で振り返りました。

 

 

その後はアドリブの大切さを語り、前と同じ事をしますと言ってパンツ一丁になって会場から悲鳴が上がっていました

『俺はみんなに言いたいことがある、テレビは今あることを写すメディアだから面白い!

 

テレビには夢があるんだよ!おじさんはテレビで脱糞をしようとして夢を掴みました!

 

 

だから子供達は今やっていることややりたい事を必死でやりなさい!

 

 

どうしても今日はそれが伝えたかった!メディア関係や業界関係者の皆さん、今日だけは羽目を外しましたが明日からはいつもの使いやすい竹山に戻りますので今後ともよろしくお願いします。』

 

 

やることは放送禁止ギリギリでしたが、竹山さんが伝えたかったありのままを伝えることの大切さはなんとなく伝わった人も多かったようでネットではかなり賞賛されているようです。

 

 

一見非常識な脱糞をテレビで必死にしようとしたことでキレ芸ということでテレビで引っ張りだこになって結果的に夢をかなえた竹山さんだからこそ、若い子達に向けて必死でがんばれって言葉が出てきたのでしょうね。

スポンサードリンク

なんだか最近の表面だけの印象を受けるテレビに一石を投じたように僕は感じました。

 

 

相方もいい人?

 

そして脱糞未遂事件の時にいた相方中島さんは2006年に白血病でこの世を去ってしまいました、未だに竹山さんがカンニング竹山として活動しているのは相方のことをみんなに忘れないで欲しい思いからのようです。

 

 

竹山さんのいい人話しは良く聞きますが、逆にその竹山さんに愛されていた相方の中島さんのエピソードについて調べてみると、まだ二人とも売れていなくて竹山さんはお金を借りたヤクザに取り立てられてられ

『コロスぞ』
と脅されている時に中島さんが
『こいつは人を笑わせる事ができるからコロスは惜しい!やるなら俺をやってくれ』と凄い形相で迫ったというエピソードがありました。

 

 

中島さんかなり根性ありますね、お笑いと竹山さんに命と人生をかけえている決意の現われなのでしょうか?

 

竹山さんの中島さん愛も凄くて白血病で入院してしまって2004年ネタ芸人ベスト13のトリに決まっていたカンニングは竹山さん一人で出ることになりました。

 

『ネタやる前に一つ言いたいことがあります!

 

中島お前バカか!お前こんな生放送の大トリやらせてもらって入院なんてバカか!

 

俺は一人でも面白いです!ペロリンチョ!ペロリンチョ!笑えや!

 

僕もうウンコします!脱ぎます!・・・・一人でできるか!

 

中島!!

 

俺のズボンを上げるのはお前やろうが!

スタッフでもお客さんでもなくお前やろうが!

 

地方の営業でもお前がズボン上げてくれよったやないか!

 

俺のズボンを上げに来い!

 

帰って来い!戻って来い中島!

 

 

感動しますね、当時僕は見ていたがしますがいまいち意味がわからなかったのですが今回調べてみて二人の相方愛に涙が出そうになりました。

 

 

もう一回この映像が見たいとネットを探してみましたが見つかりませんでした。

 

 

これからもカンニング竹山として活躍していって欲しいですね。

 

 

続き⇒どぶろっくのイケメン江口直人は亀で世田谷の会社員と報道され書類送検?

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す