スポンサードリンク

オスマンサンコン現在はギニアと日本の架け橋になるも嫁と離婚の危機?

sannkon 300x165 オスマンサンコン現在はギニアと日本の架け橋になるも嫁と離婚の危機?

ここが変だよ日本人などの番組で活躍した元祖外国人タレントのオスマンサンコンさんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 

イッコンニコンさんこん!のフレーズでお馴染みのオスマンサンコンさんですが、最近(ずいぶん?)はあまりテレビで見る機会が減ってきていますね、国に帰ったの?との噂も出るほどですが、最近ではいいとものグランドフィナーレでちょこちょことイジられて目立っていました。

 

 

実はサンコンさんが日本でテレビに出るきっかけはいいともだったのです、当時ギニア日本交流協会から『ギニアを広めるため』と言われ何も知らずに受けたオーディションがいいともだったようです。

 

 

かなりのエリート家族で兄弟も世界で活躍する一家です、そしてギニアの外交官にまでなったまさにエリートのサンコンさんがいいとものオーディションで披露したのは若干おねぇ言葉だったようです。笑

 

 

そのときに日本語を教えてくれた人が女性だったので話しかただけでなくしぐさまで女性っぽくなってしまいそのギャップでいいとものレギュラーを獲得しました。

 

 

当時の活躍っぷりは凄かったですね、今よりもテレビが自由だったこともあり差別的なツッコミも多かったがサンコンさんは笑い飛ばして気にしていなかったようです。

 

 

『サンコンはシマウマやライオン食べ』といわれれば『そうだよ、おいしいよ』と返したりしていたが実際にシマウマやライオンを見たのは日本の動物園が初めてだったようです。笑

 

 

なぜ怒らないかを聞くと『それは自信があるから。勉強もたくさんしてきたし、自分は自分だし。それに友達は怒れないでしょ』

 

 

サンコンさん!カッコイイジャあ~りませんか!←こんなの流行ませんでしたっけ?

 

 

友達って言えるあたりにサンコンさんのおおらかさと器の大きさが感じられますね。

スポンサードリンク

一夫多妻制のギニアでは当然ながらサンコンさんは複数の妻を持っており、以前は日本人妻もいたようです。

 

 

ギニアでは国際的に活躍するエリートで日本ではお笑い界で活躍する外国人タレントとして人気だったのでモテモテだったのは予想がつきますね。

 

 

現在は二人の妻がいるようですが現妻のドマーニさんが日本にで暮らすのがつらく母国に帰りたいと話しているようです。

 

 

私のナニがいけないのでは『新しい妻を捜せばいい』とかなりひどい発言をして批判を浴びていたサンコンさんですが、一夫多妻制の国ではそういう価値観になるのかもしれませんね。

 

 

しかも海外の日本で価値観や言語、食べ物など違いすぎて馴染めないのもわかります、昔よりもよくはなっているでしょうが黒人が海外の白人や黄色人種の国で暮らすってかなり不便な部分がいまだに多いですよね。

 

 

そして日本人妻について注目が集まっていますが、その日本人の妻との間にできた子がDJヨンコンさんでDJヨンコンさんについては次の記事で紹介したいと思います。

 

 

現在はタレントとしての活動だけでなく、福祉問題の講演や慰問ギニアの発展のために学校を立てたり、井戸を掘ったりと活動をしているようです。

 

 

日本での生活のほうがギニアよりも長くなってしまったサンコンさんは始め視力が6.0あったのが現在では0.9の日本人並みに落ちてしまいました、環境で人って変わるものですね。

 

 

僕も脱メガネを目指してギニアに遊びにいこうかなとか思いました。←レーシックデいいよ!

 

 

関連記事⇒テレビ朝日の徳永有美元アナウンサーは不倫で元夫の須田光樹に5000万円請求され離婚していた!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す