スポンサードリンク

エンバーマーとは?壇蜜で知名度が上がったけど年収は?

壇蜜さんが 資格保有者と明かして話題を呼んでいるエンバーマー、 先日漫画で 死化粧師というエンバーマーの人をテーマに書いた漫画を読んでいたこともあり、このエンバーマーについて少し調べてみようと思います。(>_<)

エンバーマー 壇蜜

壇蜜さんと言えばバストや美しいプロポーションと、日本女性が古来から持っている奥ゆかしいセクシーさを兼ね備えているので、一時期テレビに引っ張りだこでしたよね。

テレビに普通に出ているタレントさんなのに、グラビアではかなり過激な部分まで披露していることに衝撃に受けたのを覚えています。

スポンサードリンク

壇蜜さん生い立ちが結構壮絶だったようで、 芸能界に入る前についていた職業が 遺体衛生管理士 海外ではエンバーマー と言われる職業に着いた 理由として、 和菓子屋さんを 改良する予定だった壇蜜さんはその時に資金を提供してくれる 母親の恩師がいたのですがこの方が突然亡くなってしまったそうです。

もちろんその資金提供の話は無くなってしまい、和菓子屋壇蜜は生まれませんでした。(和菓子屋してたら壇蜜じゃないでセクシーな看板娘になってたでしょうねw)

35f9d117572d38b894a2d520b655aae9 エンバーマーとは?壇蜜で知名度が上がったけど年収は?

壇蜜さんは母の恩師がなぜなくなってしまったのか不思議な気持ちでいっぱいだったようです。

その時に何もできない自分というものを痛感させられたのかもしれません。(>_<)
そして死についてもっと知りたいという欲求が 高まり 遺体衛生保全士という職業と出会いました。

 

 

エンバーマー(遺体衛生保全士)とは

エンバーマは日本では遺体衛生保全士と言われていて、葬儀が行われる時にご遺体を綺麗に保つエンバーミングをする人のことです。

特に闘病生活で 痩せこけた顔、開いたままの口など闘病の面影が残るご遺体になった場合は、親族として密葬という手段をとる人もいるんだそうです。

 

他にも 事故なんかで損傷がはとても激しい場合などは、お葬式で人前に出すのも憚られるような状態のご遺体も実際にあるんだそうです。

 

そういったご遺体を生前の状態に近づけて、みんなが別れを言えるように、 綺麗な顔で送り出したいという思いを実現するのがエンバーマーという職業なんだそうです。

遺体が長時間変化しないので、故人と一緒の布団で寝ても大丈夫なんて言われています。

アメリカではそもそも火葬ではなくて土葬と言う事もあり、死後数日後の週末に行われることが多く90%以上がこのエンバーマを利用しているらしいです。

 

リンカーン大統領や、ジョン・F・ケネディ大統領から、マリリン・モンローやマイケル・ジャクソンなどアメリカを代表する著名人もエンバーミングを行ったそうです。

そういった経緯もあって日本では知名度も低いエンバーマーですがアメリカでは地位が高いんだそうです。

因みにご遺体とゆっくりと向き合う事で、故人の死を受け入れご家族の心の傷がいえることが科学的に証明されているんだそうです。

 

日本の江戸時代には死んだ動物をや人間に手を加える人は身分が低い人なんてのがあったのに・・・国ごとで価値観ってずいぶん違いますね。

 

僕もマンガを見ていていろいろと知らないことは世の中に多いなあと思ったのですが、 主に遺体の太もも を切開して、動脈から防腐剤などを注入して全身の血液を排出し二次感染や腐敗を防ぎます。
作業時間は損傷によるかと思いますが基本は3時間程度で、傷があれば化粧で修復したり損傷が激しい場合は皮膚の移植なんかも行うんだそうです。

僕のおばあちゃんが亡くなった時は確かドライアイスで体温が上がって腐敗が進まないようにという処置を取っていた記憶がありますが、 血を抜いて防腐液を入れたら腐敗のスピードがそんなに違うんですね。( ゚Д゚)

 

 

 

日本でエンバーミングを受ける場合、どこでも受けれるわけではなく日本遺体衛生保全協会(IFSA)の検査に合格した施設だけが許可されているんだそうです。

エンバーミングを 頼んだ時の費用については15万円から 30万円ぐらいの間で日本遺体衛生保全協会(IFSA) というエバーミングを普及させるための活動している団体が基本料金を規定しているので、費用はどこに頼んでもそんなに大差がないんだそうです。

 

 

 

エンバーマー 年収

medic4 2 288x300 エンバーマーとは?壇蜜で知名度が上がったけど年収は?

エンバーマーの気になるお給料についてですが、東京都では正社員で平均月収23万~30万円、地方では16万~21万くらいと 言われています。

が、 ネット上で見た口コミ 情報によると 諸々の費用を差し引いてエンバーマーの給料は1日5千円弱とありました。

1日5000円として週5日働いて それが4週間あるとしたら だいたい手取り10万円ぐらい ということになりますね。

 

この辺は 所属する葬儀屋の待遇にもよりますし、専門の業者、個人契約っていう形も あるのでそういった雇用形態、個人のスキルなどによって金額は変わってくるのかなと思います。

独立して信頼を勝ち取ればもちろん高収入も見込めます。

 

これから高齢化社会が進むので確実に需要が増えると言われているエンバーマー、 そのせいもあってか壇蜜さん のことでもニュースになっていましたが、業界団体が国家資格かというの目指しているんだそうです。

実際国内でのエンバーマーは160人ほどですが、すでにニーズが高まってきていて悪質業者の参入というものが懸念されています。

 

 

ちなみに 話題になった映画おくりびとは納棺師 という仕事になるのでエンバーマ ドア少し違うので注意が必要です。

 

その人が亡くなってから2~3 日以内に火葬してしまう日本では馴染みのないエンバーミングですが、これから需要も知名度も増えていくと 思います。

ご遺体と向き合う仕事ということで、お給料ももう少し上がるといいかなと思います。

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す