スポンサードリンク

ふるさと納税はいつまでにすれば控除がうけられるの?

年末の駆け込み納税は注意が必要です!

12月になってそういえばふるさと納税したら控除されるし、返礼品も貰えるんならしとこうかと重い腰を揚げる人もいると思います。

スポンサードリンク

この時期のふるさと納税で気をつけてほしいポイントとしては確定申告と同じで2016年1月1日~2016年12月31日までにふるさと納税で寄付した金額(限度額あり)に対して控除が適応されます。

つまり2017年の控除対象となるふるさと納税の場合基準は2016年12月31日に支払いが終了しているのか?です。

入金日=受領日となりますが自治体からの払込票届くのが遅れたり、金融機関休みなどで事務手続きに時間がかかり翌年の入金となってしまう場合もあります。

相手はお役所ですよ。

民間企業ではないのでサービス残業してまで奉仕してくれないです。(´・ω・`)

入金日と受領日を同じにするにはクレジットカードでの支払いが申込みとほぼ同時の入金なので安心です。(しかもポイントついてお得です)

 

ただしこういった年末の混雑やトラブルを回避するためなのか、12月の上旬ぐらいでふるさと納税の受付を締め切る所もあるので、基本的には早めにふるさと納税済ませてしまった方がいいです。

 
実際に僕が寄付しようとした地方自治体は12月12日までを2016年の寄付として受け付けますと注意書きに書いていました。

 

と、言う事は年末休みに入った12月30日とかに慌てて寄付しても2017年の寄付になり、2018年に控除適応になる可能性は高いです!

気に入った返礼品がすぐにみつからないからまた来週としていると来年の控除が受けられないかもしれません。

そんな場合は、ポイント制度や感謝券に変えてくれる地方自治体がベストです!

 

 

ふるさと納税はポイント制が無難

ふるさと納税でポイント制を導入している所が結構あります。この場合は1万円納税すると10ポイントとなり、翌年にもそのポイントを持ち越すことができます。

例えばさくらんぼが好きな場合は、今無理に返礼品を貰わなくても期間限定の返礼品がある自治体がポイント制の場合は、年末に上限金まで納税して返礼品は翌年の夏にさくらんぼを受け取るといった事も可能です。( *´艸`)

 

ポイントの合算もできる所もあるので使う時の自由度も悪くないです。

 

感謝券を旅行のきっかけに

千葉県勝浦市の還元率70%のかつうら七福神感謝券を知っている人も多いと思います。もう転売は辞めたほうが良いです。

地域振興券のように限定されていて、その地域でしか使えないですが観光で行くと使えてその券のみで対応施設での宿泊や、お買い物ができきます。

出張のサラリーマンもいいかもしれませんね( *´艸`)旅館は高価すぎるかなw接待とか?

家電とか買うのも良いですね♪他にもガソリン代にも使え、有効期限も1年はあるので駆け込み納税には効果的です♪

年末の駆け込み納税は慌ず後回しにせずサッと済ませてしましましょう!

スポンサードリンク

2015-01-14 21.45.10

コメントを残す